介護施設等へ入居すると最も期待する3度の食事

介護施設等へ入居すると最も期待する3度の食事

高齢夫婦だけや独居の高齢者が身の回りのことを自分一人で処理できなくなると周囲に子供や親族がいて面倒を見てくれる状態なら暫くの間、食事の世話等をしてくれますが、世話等を見切れなくなると公的な介護施設あるいは様々なタイプの民間有料老人ホームの中から選んで入居することになります。介護施設等へ入居すると自宅で自由に生活していた時と比べれば色々と制約が出てきます。介護施設へ入居すると気の合う友達ができなかったり、楽しみを見いだせない入居者は施設職員の懸命な気遣いでも中々笑顔や明るい表情を見せることがなくなってしまうようですが、体調が悪くない限り、食事時間だけは違うようです。日々暮らしていて3度の食事への期待が最も多いわけですから、施設側では予算内でできるだけ栄養バランスや消化の良いメニュー等を考えながら色とりどりの盛り合わせ等を工夫し、入居高齢者の喜ぶ顔を見たさに毎日、頭をひねっています。施設職員のこうした努力のお蔭で入居高齢者が症状を悪化させることなく入居者同士の仲良く暮らせる施設であることが願いです。

お知らせ

一覧