私の経験では離乳食は焦らなくて大丈夫。

私の経験では離乳食は焦らなくて大丈夫。

うちの娘は現在6歳になります。今ではすっかりお姉さんで離乳食なんて遠い昔のようですが、私も当時はとても悩んでいました。一番の悩みは食べてくれないことです。育児書などを参考に私は生後5か月くらいからはじめたのですが、実際はじめてみるとまったく思うようには進みません。このころは初めての育児だったこともあり、なんとしてもうまいこと進めていかなくてはいけないと必死になっていました。教科書通りおかゆの硬さはこのくらいとかお芋の次はニンジンとか進めていきたかったのです。しかし、一週間もしないうちに予定はグダグダになり挫折を味わいました。それからは形だけは調理をするけど、ほぼすべて廃棄になるという現実。無力さや意味のなさ、しかも孤独、母親の苦悩は計り知れないです。しかし、一歳を目前にしたころ普通に食べてくれるようになったのです。よく考えてみたらうちの子はよそのどこの子よりも歯が生えるのが遅かったのです。そもそも時期が早かったのかもしれません。育児は教科書通りに行かないものです。離乳食の時期も人それぞれなのかもしれません。

オレンジビーチでリゾート気分の他言語勉強

ブランデー・ウイスキーなどの洋酒の買取を多数取り扱っております

使わなくなったプラチナ品もぜひお売り下さい

もうつけない指輪はございませんか?

最新投稿

お知らせ

一覧